読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンやる人の日記帳

ポケモンとかキモヲタ業をこなす

パーティ紹介 ~トリルクレセメガヘラ軸構築~

2014年初の構築記事です。

シーズン2でポケバンク解禁となり環境が激変しメガヘラが猛威をふるっているので

あいつの微妙なSをトリルで運用すれば強いんじゃね!?みたいな発想で考え始めた構築

飽きたので晒します

 

最高レート1969

 

【パーティ構築】

 

f:id:pkmngooo:20140128204335p:plain f:id:pkmngooo:20140128204401p:plain f:id:pkmngooo:20140128205219j:plain

f:id:pkmngooo:20140128205506p:plain f:id:pkmngooo:20140128205607p:plain f:id:pkmngooo:20140128205629p:plain

 

個別解説

 

バンギラス@ヨプのみ

 

性格:意地っ張り 特性:砂起こし

個体値:31-31-31-×-31-31

ステータス(努力値):207(252)-177(52)-135(36)-×-141(164)-82(4)

技:岩雪崩/追い打ち/吠える/ステルスロック

 

メガヘラの天敵といえばやはりファイアローのような飛行タイプなので

そいつに強いバンギラスを採用しました。

以前は鉢巻で使っていたんですが

ステロを撒きたいということもありこの型にしました。

構築全体で滅びメガゲンガーが重いので

最悪共倒れができる追い打ちを入れました。

ヨプの理由としてはキッスの波動弾、ゲンガーやリザYの気合い玉や

ボルトの馬鹿力等の役割破壊技に対応させるために持たせました。

Bは鉢巻ファイアローの蜻蛉を二耐え

Dは珠ボルトの10万+ヨプ込み馬鹿力耐えで残りAです。

吠えるが必中になったこともあり起点回避としても非常に優秀でした。

 

ヘラクロスヘラクロスナイト

 

性格:意地っ張り 特性:根性 メガ進化後スキルリンク

個体値:31-31-31-×-31-31

ステータス(努力値)メガ進化後:187(252)-260(252)-136(4)-×-125-95

技:インファイト/ミサイル針/地震/ロックブラスト

 

この構築の軸、ステータスを見てもわかるようにAが馬鹿高いです。

メガ進化前の特性ですが多分死にかけのポケモンを倒してAを上げてから進化する

自信過剰がベストかなと思いました。

タネマシンガンを切った技構成ですが打つ相手のスイクンマリルリ

ナットレイでみれているのでこの技構成にしました。

タネマシンガン入れたいのならインファイトを切った方がいいと思います。

ガブ対面では鉢巻逆鱗も耐えますしいい乱数を引き続ければミサイル針で倒せるので

強気に突っ張りましょう、急所もありますしね。

インファでムドーが受からなかったり

こいつの火力は壊れていると使っていて実感しました。

メガガルーラ対面ですが最近猫騙し+恩返しでメガヘラを倒すガルーラが増えているので素直に引っ込みましょう。こいつではガルーラは対策にならない()

 

クレセリア@オボンのみ

 

性格:図太い 特性:浮遊

個体値:31-×-31-30-31-30

ステータス(努力値):223(220)-×-179(180)-107(96)-151(4)-105

技:サイコキネシス/冷凍ビーム/三日月の舞/トリックルーム

 

五世代で使っていたクレセローブの流用個体です。

少しCに振ってありますが理由は忘れました()

多分HBぶっぱでいいです。

オボンのみでトリルを貼る確実性を上げて安全にヘラに繋ぐ感じです。

ゴーストタイプの強化により若干動きづらいところはありましたが、

そこはバンギでカバーできたのでよかったかなと思いました。

サイキネは打つの?とたまに聞かれますが入れといて損はないでしょう。

打つ仮想敵は少ないですがなんだかんだ使っていたと思います。

 

ナットレイゴツゴツメット

 

性格:呑気 特性:鉄の棘

個体値:31-31-31-×-31-0

ステータス(努力値):175(204)-121(52)-189(164)-×-147(84)-22

技:パワーウィップ/ジャイロボール/電磁波/宿り木の種

 

フェアリーの一貫を消すためや眠り粉や胞子の対策としての駒

Bは無補正252メガガルーラのグロパンからの地震を確定耐え

Dは無補正252メガサーナイトハイパーボイスを三回耐える調整にしました。

めざパの威力の弱体化によりめざ炎の採用率が若干減ったことや、

草タイプに粉技が聞かないという強化により非常に動きやすいと感じました。

最近流行りのカバルカリオに初手からぶん投げていき、

初手カバ対面で宿り木を植え付けあくびループから抜け出すという感じ

で対策で来ていたかなと思います。

 

トゲキッス@光の粘土

 

性格:臆病 特性:天の恵み

個体値:31-×-31-31-31-31

ステータス(努力値):191(244)-×-116(4)-141(4)-136(4)-145(252)

技:エアスラッシュ/アンコール/リフレクター/光の壁

 

上の四体は確定として残りの二枠を何にしようかなと考えたところ

壁リザXにしようということになりこの枠をライコウにしていたのですが、

非常にメガヘラがどうしようもなくなったので

メガヘラの強い壁貼り要員として採用しました。

個体数は少ないと思いますが最速メガヘラを抜くために最速にしました

アンコールは電磁波と悩みましたが

こいつ自体が起点になりやすいのでアンコールにしました。

この枠をライコウにしていた時は、

選出画面で壁リザXということがバレたりしていましたが

トゲキッスはスカーフという相手の思い込みで

壁貼りが読まれず非常に意表がつける()

壁貼りバレないリザードンがどっちかというのもバレにくいということで

最強じゃね!?と思いましたがあまり壁リザX選出をしなかったという始末...

 

リザードンリザードナイトX

 

性格:陽気 特性:猛火 メガ進化後硬いツメ

個体値:31-31-31-×-31-31

ステータス(努力値):153-182(252)-132(4)-×-105-167(252)

技:フレアドライブ/逆鱗/竜の舞/地震

 

ギルガルド等の鋼タイプが重いので突っ込んでみた枠

舞えばほぼ全抜きを狙えたが

ステロ環境の今ではそれは少し難しかったかなと思いました。

地震の枠を以前は瓦割で使っていましたがドランに確一取れないのが辛かったので

地震に変えました。

瓦割は壁ミラーになった時に非情に強く出れるのでどちらも一長一短かなと

 

まとめ

シーズン2の初期はあまりメガヘラは認知されておらずかなり動きやすかったですが、

今は対策必須レベルのポケモンになったので今は少しきついかなと思いました。

ですがトリルを貼れば無双できたりと大正義メガヘラクロスという感じでした。

壁リザXの二枠をもっと違うポケモンにできていたら

もっと勝率は上がっていたと思うと悔やまれます。

メガシンカ二体入りの構築ってどうなの?とよく聞かれますが

僕はメガシンカ二体入りは普通にありだと思います。

同時選出できないというデメリットがありますが、

二体入れているとどちらかはかなりの確率で選出されるので、

毎回メガシンカを組み込んだ立ち回りができるのは大きな魅力だと思います。

また違う構築を考えているので次はそれを飽きたら更新となると思うので、

次回の更新はしばしお待ちをということで